プレゼントプレゼントへの応募方法プレゼント
ご希望のプレゼントが掲載されている記事に対してトラックバック、もしくは「応募フォーム」から応募をしてください。
各プレゼントの内容や応募に必要な条件などを確認して応募をしてください。
本ブログ掲載のプレゼントへは、Seesaaブログ及び他社のブログサービスからもご応募頂けます。
プレゼントに当選された方には、トラックバックで応募の場合、Seesaaユーザであればアカウントで登録されているメールアドレス、他社ブログサービスのユーザであればブログで公開されている連絡先メールアドレス宛てにご連絡いたします。
(※連絡先を公開されていない方に関しましては、当選されても連絡が出来ないので、応募フォームをご利用ください。)
応募フォームからの応募の場合は、ご入力いただいたメールアドレス宛にご連絡致します。
※注意
応募とは関係のないトラックバックが多数よせられるため、言及リンクのないトラックバックに関しては、受け付けません。 トラックバックをされる際は、必ず言及リンクをつけていただきますようお願いいたします。
トラックバックをされる際は、必ず言及リンクをつけていただきますようお願いいたします。

言及リンクとは、応募したい記事のURLを記事中に書いて頂くことです。
(例:懸賞 - Seesaa プレゼントhttp://present.seesaa.net/article/317201255.htmlに応募しました!等)

2014年08月29日

地球の新たな支配所が決する瞬間を目撃せよ!『猿の惑星:新世紀(ライジング)』グッズプレゼント

DOTA_Japan _onesheet_0708.jpg
©2014 Twentieth Century Fox
DOTPOTA_トーチ付キーチェーン.jpg
©2014 Twentieth Century Fox
【受付中】
プレゼント商品:
映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』トーチ付キーチェーン
当選者数:抽選で2名様
応募期間:
2014年8月29日(金)〜2014年9月15日(月)

応募条件:
こちらの記事をトラックバックの上、ブログに『猿の惑星:新世紀(ライジング)』にちなんだことを記事にして書いて下さい。
関係のない記事は当選対象外になります。

※注意
応募とは関係のないトラックバックが多数よせられるため、言及リンクのないトラックバックに関しては、受け付けなくなっております。 トラックバックをされる際は、必ず言及リンクをつけていただきますようお願いいたします。 言及リンクとは、応募したい記事のURLを記事中に書いて頂くことです。



応募フォームから応募する

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』公式サイト

地球の新たな支配者が決まる瞬間を目撃せよ!
前人未踏のリアリティ、エモーション、スペクタクルが、
映画史の〈新世紀〉到来を告げるディザスター超大作

ぴかぴか(新しい)STORYぴかぴか(新しい)

天性のリーダーシップを備えた猿のシーザー(アンディ・サーキス)が、仲間を率いて人類への反乱を起こしてから10年後。より勢力を拡大し、手話と言語を操る猿たちは、森の奥に文明的なコミュニティを築いていた。一方、人類のわずかな生存者グループは、荒れ果てた都市の一角に身を潜め、希望なき日々を過ごしていた。そんなある日、人間たちがエネルギーの資源を求めて猿のテリトリーに足を踏み入れたことから、一触即発の事態が勃発。シーザーと生存者グループの穏健派マルコム(ジェイソン・クラーク)は和解の道を探るが、憎しみを抑えられない両陣営の対立は激化していく。共存か、それとも闘いか。破滅的な最終決戦へのカウントダウンが刻まれるなか、シーザーは生き残るための重大な決断を迫られていくのだった……。


映画作品情報映画

監督:マット・リーヴス 出演:アンディ・サーキス、ゲイリー・オールドマン、ジェイソン・クラーク、ケリー・ラッセル
2014年/ アメリカ映画
公式サイト:http://www.foxmovies.jp/saruwaku-r/
Facebook:https://www.facebook.com/SaruWaku
Twitter:https://twitter.com/SaruWakuJP
20世紀フォックス映画 配給

9月19日(金)全国ロードショー<2D/3D(一部劇場を除く)>

posted by シーサー at 15:21 | TrackBack(0) | 過去のプレゼント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『レッド・ファミリー』一般試写会プレゼント

レッド・ファミリーポスターデータ最終.jpg
©2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

メイン.jpg
©2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

応募フォームから応募する

【受付中】
プレゼント商品:
映画『レッド・ファミリー』一般試写会
当選者数:抽選で5組10名様
応募期間:
2014年8月29日(金)〜9月8日(月)


【詳細】
日時:9月18日 (木)
時間:18:30開場/19:00開映
(上映時間100分)
場所:一ツ橋ホール
(東京都千代田区一ツ橋2-6-2-3F)

応募条件:
こちらの記事をトラックバックの上、ブログに映画『レッド・ファミリー』にちなんだことを記事にして書いて下さい。鑑賞後、ご自身のソーシャルメディア(twitter、facebookなど)で感想を投稿してください。


※注意
応募とは関係のないトラックバックが多数よせられるため、言及リンクのないトラックバックに関しては、受け付けなくなっております。 トラックバックをされる際は、必ず言及リンクをつけていただきますようお願いいたします。 言及リンクとは、応募したい記事のURLを記事中に書いて頂くことです。


映画『レッド・ファミリー』公式サイト


第26回東京国際映画祭観客賞受賞
ラスト、全てを覆す、ニセ家族が4つの命を賭して打つ
鬼才キム・ギドクが放つ、温かい衝撃。
「世界で1番切ない芝居」に大号泣!!

ぴかぴか(新しい)STORYぴかぴか(新しい)

頼れる夫、美しい妻、優しい祖父に愛らしい娘──彼らは人も羨む理想の家族だ。ところが、家に入ると妻は豹変、3人に罵声を浴びせる。彼らの正体は北朝鮮のスパイ、妻役を演じるベクが班長を務め、非情な暗殺も辞さない「つつじ班」だ。今日も隣の韓国人家族は、くだらないことで言い争っている。自分勝手な夫、家事の出来ない妻、人生に疲れた祖母、いじめられっ子の息子──典型的なダメ家族だ。しかし、トラブルばかり起こす彼らと付き合ううちに、スパイたちは本物の家族の姿に憧れを抱き、やがてニセ家族同士でも心を開き始める。そんな中、夫役のキムの妻が脱北に失敗したと聞いたベクは、手柄を立てて助けようとするが、逆に大失態を犯してしまう。母国に残した各々の家族の命と引き換えに4人に与えられた最後のミッション、それは「隣の家族の暗殺」だった──。全てを覆すべく彼らが仕掛ける最後の大芝居とは!?



『レッド・ファミリー』

監督:イ・ジュヒョン
エグゼクティブ・プロデューサー、脚本、編集:キム・ギドク
出演:キム・ユミ / チョン・ウ『宿命』/
ソン・ビョンホ『グッド・バッド・ウィアード』 /パク・ソヨン
製作国:韓国 製作年:2013年
原題:RED FAMILY
2013年/韓国/100分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:朴 理恵
配給:ギャガ

10月4日(土)新宿武蔵野館他全国順次公開

posted by シーサー at 14:46 | TrackBack(0) | 過去のプレゼント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

映画『ザ・テノール 真実の物語』一般試写会プレゼント

ザ・テノール ティーザービジュアル.jpg
©2014 BY MORE IN GROUP & SOCIAL CAPITAL PRODUCTION & VOICE FACTORY. ALL RIGHTS RESERVED.
ザ・テノール■メイン.jpg
©2014 BY MORE IN GROUP & SOCIAL CAPITAL PRODUCTION & VOICE FACTORY. ALL RIGHTS RESERVED.

応募フォームから応募する

【受付中】
プレゼント商品:
映画『ザ・テノール 真実の物語』一般試写会
当選者数:抽選で10組20名様
応募期間:
2014年8月12日(火)〜8月31日(日)


【詳細】
日時:10月3日(金)
時間:18:00開場/18:30開映
場所:ニッショーホール
(東京都港区虎ノ門2丁目9番16号)

応募条件:
こちらの記事をトラックバックの上、ブログに映画『ザ・テノール 真実の物語』にちなんだことを記事にして書いて下さい。鑑賞後、ご自身のソーシャルメディア(twitter、facebookなど)で感想を投稿してください。


※注意
応募とは関係のないトラックバックが多数よせられるため、言及リンクのないトラックバックに関しては、受け付けなくなっております。 トラックバックをされる際は、必ず言及リンクをつけていただきますようお願いいたします。 言及リンクとは、応募したい記事のURLを記事中に書いて頂くことです。


映画『ザ・テノール 真実の物語』公式サイト


君の歌声を、ふたたび。
声を失った天才オペラ歌手と彼を支えた日本人プロデューサー
不屈の魂から生まれた、世界でただひとつの奇跡と感動の物語


ぴかぴか(新しい)STORYぴかぴか(新しい)

「アジア史上、最高のテノール」と称されヨーロッパで活躍するオペラ歌手ベー・チェチョル。世界的にも貴重な「リリコ・スピント」という声質を持つ彼がまさに頂点を極めようとしていたとき、悲劇は突然訪れた。甲状腺ガンによって、声を失ってしまったのだ。「もう二度と舞台には立つことは出来ない」途方もない挫折、苦悩の中にいる彼に、ひとりの日本人音楽プロデューサーが手を差し伸べた。国境を越えた二人の絆が世界で初めての奇跡を生み、いま、感動のステージの扉が開く。これは、不屈の魂から生まれた、真実の物語。



『ザ・テノール 真実の物語』

監督:キム・サンマン
出演:ユ・ジテ、伊勢谷友介、チャ・イェリョン、北乃きい、ナターシャ・タプスコビッチ、ティツィアーナ・ドゥカーティ
2014年/日本・韓国/1.85:1/5.1CH Dolby Surround/121分
原題:The Tenor Lirico Spinto
配給:『ザ・テノール 真実の物語』プロジェクト
©2014 BY MORE IN GROUP & SOCIAL CAPITAL PRODUCTION & VOICE FACTORY. ALL RIGHTS RESERVED.


10月11日(土)新宿ピカデリー、東劇ほか全国ロードショー

posted by シーサー at 15:47 | TrackBack(0) | 過去のプレゼント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。